ミキちゃんの歌詞について

歌詞が良い曲って、ありますよね。私も曲はわりと歌詞重視で選ぶ時、あります。

すごくいい曲だな、でも、私の曲じゃないな、って思うことがすごくあって、それってなんか、すごく虚しいんです。また私の曲じゃないな、私の事じゃない、私じゃない、誰かのことだ、その誰かが羨ましくて、良い曲なのに、刺さるのに、いまいち自分が入りきれなくて、また選ばれなかったなあとか思ってしまうことがあるんです。ひねくれてるので。スポットライトが永遠に当たらない気がして、なんだかやりきれなくなる時があるんです。曲というのは、歌というのは、寄り添ってくれるもののはずなのに逆に遠く感じる時もあるし、自分の思う「良い曲」が当てはまる人を妬ましく思う時もあります。

初めて二丁魁のライブに1人で行った日、その時の私が知ってる二丁魁の曲は、まるもうけだけだったんですけど、やらなかったんです、まるもうけ。だから実は、知ってる曲、ひとつもなくて(厳密に言うとひとつあったんですがカウントしません)、でもライブを見ながら、知らない曲を聴きながら、ボロボロ泣いてしまいました。ライブを見て泣くのって初めてで、自分でびっくりしてしまいました。全部、嘘でしょってくらいに突き刺さってくるんです。痛い。痛いのにステージの上の彼らがみんな優しいんです。えぐってくるくせに、そこをしっかり埋めてくるんです。

ミキちゃんの歌詞は、良い意味ですごく残酷です。現実的で、アイドルがよく歌う夢みたいなことは、何一つ書いてないです。ふわふわもきらきらも、過剰な装飾も、優しい嘘も、ないです。痛いところをついてきます。

でも聴いたあと、絶対に前向きな気持ちになるんです、私。救われた気持ちになります。残酷で現実的なのに、優しくて、痛いけど前向きで、逆に信じることができます。ミキちゃんのこと、このアイドルのこと、この歌詞のこと。

この歌詞を書いているということは、自分に刺さる歌詞をミキちゃんが書いているということは、多分、ミキちゃんも同じようなことを感じてるんですよね。だから、1人じゃないってどこかで思えるんです。感じているものは100%ミキちゃんと同じじゃないかもしれないし、解釈が違うところもあるかもしれない。でも、そういうのを抜きにしても、心臓が痛くなる何かがあります。この、良い意味でアイドルっぽくない曲を、私の救いであるアイドルが全力で歌うというところにも、救われてるんだと思います。

二丁魁の曲で、ミキちゃんが私のために作った曲って、当たり前だけど1曲もないんです。私のために1から作った曲ではないんです、全部。なので本当は、私の曲なんて言えるものじゃないんです。でも、私はミキちゃんの作る曲って、全部、「みんなの曲」だと思ってるんです。みんなのことすくいあげる曲。みんなを救う曲。みんなと目を合わせて書いてくれたような歌詞なんです。みんなになぜか当てはまる、不思議な曲です。だから、誰の曲でもないし、誰の曲にもなるんだと思うんです、私は。この素敵な曲たち、歌詞たち、全部全部、きっと、私の曲で、あなたの曲で、彼の曲で、彼女の曲で、あの人の曲で、二丁目の魁カミングアウトの曲で、ミキティー本物の曲です。きっと。

突き刺さりすぎて笑えねー!だいすき!

おわり。